GTAシリーズもここまで来ると、さすがに自由過ぎて、ロックスターゲームさんもネタがないだろうと逆に思ってしまうのですが、発売するとついつい購入してしまうのがGTAファンなんですよね。

この作品ではまず、主人公3人の世界を楽しむことができるというところが非常に魅力的です。3人のキャラクターが全く別人で、性格もタイプも全く別で、まるでこの1本で3作品を一気に楽しめるような形になってます。(3人は一応共通の仲間ではあるようなので、ストーリー上での絡みはありますが)

人物の紹介です。

「マイケル・デサンタ」かつて全米で最重要指名手配されていた銀行強盗犯。過去に起こした銀行強盗に失敗してしまったが、FIBとの取引により証人保護プログラムを受けた後、家族と優雅にロスサントスの高級住宅街で暮らしている。

「フランクリン・クリントン」

20代の黒人の若者である彼は、元ストリートギャングの一員で、麻薬のディーラーとして生計を立てていたが逮捕。現在は亡くなった母親の家を間借りする叔母と共に暮らしている。

「トレバー・フィリップス」

元アメリカ空軍のパイロット。麻薬に溺れ、現在はハゲた頭に汚ならしい格好が特徴。精神異常をきたしていて、その行動は予測不可能。危険なでアブノーマルなキャラクターである。

個性的なキャラクター達に与えられた個々のミッションを、キャラクタースイッチをしながらどうこなしていくかは、プレイヤー次第といった感じでしょうか。因みに私はトレバーをひいきして使っていました。彼はいかれているため、プレイヤーのこっちまで笑わされる、ワクワクするミッションもあり、初期状態はダサいハゲのおっさんだが、着せられる服がかっこいい。ボーリングシャツにタイトなパンツ、ブーツにタトゥー。アメリカンに乗せてできあがり、ボーントゥービーワイルドなおっさんに風変わりします。

マップも前作に比べて3~5倍の広さになっており、この世界をバイクや車や飛行機を使って制覇するには長い時間が必要となりそうです。それだけではなく、退屈しないほどのアクティビティも充実(テニス、ゴルフ、レース、トライアスロン、射撃場等々)しています。GTA特有の車のかっこよさ。これも自分仕様にフルチューン。エンジンも、デザインもカスタム可能。

ガレージを購入して、あちこちに自分の車を所有したいものです。

もうここまで来ると、ゲームというくくりでは表現できないです。プレイ次第で生活のひとつにもなりかねないこのゲーム。休日は外にでかけずGTAの世界へでかけよう、退屈な毎日をこの作品で色鮮やかに。

カテゴリー: 未分類

関連記事

未分類

スターフォックス64

スーパーファミコンでフルポリゴンのゲームとして大きな衝撃を与えたスター 続きを読む …

未分類

アンチャーテッド2 黄金刀と消えた船団

アンチャーテッド2 黄金刀と消えた船団はプレイステーション3専用ソフト 続きを読む …

未分類

傷あり・説明書なしゲームソフトも売れる

これまで最も買い取りに利用した店舗はブックオフ松山駅前店です。 理由は 続きを読む …